METHODS

METHODS
 王道であり至高のメソッドは、初心者からプロフェッショナルまで期待を裏切らない。

TRAINING
結果の出るトレーニングとは

  evidence 
医学的根拠とデータに基づく

 王道であり至高のメソッドは、初心者からプロフェッショナルまで期待を裏切らない。グループ7店舗、熊本だけで述べ3万件以上のセッションとダイエット実績。すべてのデータから用いた医学的メソッド。

  trainer 
ここには、医療職、トレーナー経験者、有資格保持者しかいません。なぜなら、このメソッドを実践するには高いレベルで一定以上の知識と経験が必要になるからです。「トレーニング好き」というだけでは【THE】のトレーナーになることはできません。

  support 
効率的な補助を行うことでトレーニング効果を倍増させます。

この補助技術は 当社オリジナルの医学的知識、アスリートトレーニングが融合して初めて成せる技です。安心安全に確かな効果を求めることができます。

MEEL
“ 続けれること ” が成功のカギ

  original 
食事の基本は"自分に合った”

 「ダイエットに適した食事は何ですか?」そう聞くとほとんどの人が"糖質制限"や"カロリーコントロール"を思い浮かべるのではないだろうか?【THE】に食事制限はありません。2週間あなたの食事の志向・傾向をみさせてください。そうすると、あなたが無理に食事を転換しなくていい方法が見つかります。

 ー NO !!! 
low fat. llow carb.

極端な食事制限はリバウンド上手になる。

 研究によると、
※生活習慣に関わる諸要因が食行動に与える影響については、ダイエット経験によって異なり、ダイエットへの依存度が高くなるほど、ストレス反応が食生活の不規則化への促進要因となることが示唆された。

 われわれを取り巻く環境的・外的要因の中には、社会的な制約などのために、自身で制御するのが困難なものも多く含まれる。本研究の結果からは、それらに起因する影響を日常の食習慣においてより受けやすいのがダイエッターであり、とりわけダイエット依存度の高い者であることが明らかになった。

引用文献*The Japanese Journal of Health Psychology2008, Vol. 21, No. 2, 1-11

・過度な食事制限は質的な要因だけではなく、ストレス反応を招き、食事の摂取、欠食を引き起こすと言われています。
・外的要因(社会的要因により食事を制限できる環境にない)からくるストレスはダイエット依存度を高めるとしている。

・食事制限などの心理的なストレスはダイエットに多大なる影響を与え、あなたのダイエット依存度を高めます。

「適切」を一緒に実践していきましょう。
きっと、あなたの体に世界一合っている食事方法が見つかります。

MENU

MENU